言葉はいらない?

お正月から晴れの日が多いような気がします。

今日の福岡も晴れています晴れ

 

さて、先日、知り合いのピアノの先生からお誘いを受け、食事会に行ってきました。

 

ウクライナ出身のタラスさんのご両親が福岡に来ているので歓迎会を開催との事。

 

是非お会いしてみたい!と思い、ワクワクしながら会場に向かいました。

 

実は、タラスさんとお会いするのはこの日が初めて。

 

とても知的で優しい雰囲気の好青年です。

タラスさんは私に、タラスさんが指揮&演奏をしているCDをくださいました。

しかも、サインまでニコ

 

 

(早速家に帰って聞きましたが、一気に彼のファンになりました。音楽の音って、その人の「人となり」を表すと言いますが、本当に美しい音色で聴き惚れました。)

 

そして、このタラスさんのお父様とお母様との食事会です。

 

お母様が英語を少し話されるので、英語で会話をしました。

とってもチャーミングで、朗らかな人です。

 

そして、何となくハミングが始まって、よく聞くと、何と昭和の名曲「恋のバカンス」

 

後で調べると以下のようにwikiに書いてありました。

(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%8B%E3%81%AE%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%B9_(%E6%9B%B2))

 

「恋のバカンス」について

当時のソビエト連邦国家テレビラジオ委員会(ゴステレラジオ、国営放送局)のヴラジーミル・ツヴェートフ東京特派員が本曲を気に入り、ソビエト連邦本国に持ち込み積極的に展開、人気歌手ニーナ・パンテレーエワ(ロシア語) 1965年に「カニークルィ・リュブヴィー」のタイトルで大ヒットさせた(ロシア語のタイトルは「恋のバカンス」の直訳)。歌詞はその後もリバイバルされ、ロシア人の中にはこの曲が日本で作られた曲であることを知らない人さえいるほど、現在のロシアでも世代を超えた有名曲となっている。

 

ここでは詳しくは割愛しますが、ウクライナは一時当時のソビエト連邦の構成国で1991年に独立しました。

ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」は、1963年に発表されているので、ソビエトの支配下にあったウクライナでも当然聞かれたのだと思います。

 

ウクライナ人との出会いで、日本の歌謡曲が当時のソビエトに渡っていた事を知り、驚きとともに、本当に出会いは楽しいなあと思いました。

タラスさんのママはウクライナ語で、私は日本語で「恋のバカンス」を合唱しましたonpu03

 

それから、食事が終わった後では、タラスさんのママとパパが演奏をしてくださいました。

 

ママは、11歳でボーディングスクール(当時の特権階級の子息が通った学校)に入り、そこで歌を学んだそうです。

現在は、オペラ歌手として演奏をされています。

そして、パパは、ウクライナ独立記念日に、大統領の前でウクライナの国歌を演奏したほどの人です。

クラシックからジャズまで、楽譜なしの即興で演奏してくださいました。

素晴らしい演奏だったことは言うまでもありませんゆう★

 

 

とても、とても、贅沢な演奏でした。

 

最後に、みんなで記念撮影

 

 

タラスさんのお父様は英語が話せないので、会話はほとんどしていませんが、その高潔で明るい性格は演奏に滲み出ていました。

 

「音楽は、言葉がいらない」と、つくづく思いました。

 

音楽に限らず、スポーツや芸術は言葉なしでも通じるものがあります。

ゴッホ、ドガ、ロートレック、モネ、マネ等多くの著名な画家は日本絵画から影響を受けています。

 

英語(言語と言う意味で)はあくまでもコミュニケーションツール(道具)なので、道具を使って何をするのか、が大切なのですね。

でも、今回のように道具がなくても、それを超えるものがあれば、道具は必要ないのかもしれません。

 

ちなみに、私はカナダでバドミントンを通じて多くの友人を作ることができました。

地域のコミュニティセンターに、週に2回ほど通っているうちに、そこに来ている人達と一緒に食事に行くようになりました。

今でも、その仲間とは繋がりがあり、とても楽しい思い出です。

 

それでは、良い週末を♪onpu03

 

"Cheers"(じゃあね)

 

エクワ英会話学院

#福岡市 #福岡市西区今宿 #英会話 #英語

明けましておめでとうございます

〜謹賀新年〜

 

皆さま 新年明けまして おめでとうございます

 

2016年8月にエクワ英会話学院を開校してから、2度目のお正月を迎えることができました。

生徒も少しずつ増えてきて、やりたかった教育内容が形になっていることに喜びを感じています。

 

昨年の振り返りとなりますが。。。

2017年で一番嬉しかった出来事は、私が制作した西都校区のロゴマークが最優秀賞に輝き、採用そして表彰していただいた事でした。元グラフィックデザイナーとして、そしてこの地域にNPO団体の代表として関わっている者として非常に光栄でした。

このロゴマークが西都校区が続く限り、この地に残るというのは感慨深いものがあります。

 

そして、2016年11月に発足した、NPO団体サイトリエでは、2017年には多くのイベントを開催しました。節分、味噌作り、文化交流、BBQ、映画自主上映等です。本当に、多くの方にご参加いただきました。

サイトリエの活動では、多くの方とつながりもでき、サポートをいただいています。

特に、映画の自主上映では、糸島福祉プロジェクトの皆さん、さいとぴあの松竹館長、仁戸田県議会議員、西区の教育を考える会の伊藤会長、今宿商工会議所の大橋さん、カフェココの松本さん、ゆうきの木の福嶋さんには大変お世話になりました。

 

そして、多くの新しい出会いもありました。

本当に、2017年は感謝の年でした。

 

 

さて、今日は、近所の神社の三社参りに行ってきました。

 

 

横町祇園神社、二宮神社、そして熊野神社です。

 

2〜3ヶ月に1度参拝するのは横町祇園神社ですが、海の側にある二宮神社も、森の中にある神秘的な空気に包まれた熊野神社もとても大好きな神社です。

 

今年も、こうやって元気にお参りができるのも、見守ってくださる神々のお陰だと改めて感謝の気持ちで一杯になりました。

 

昨年亡くなられた、医師の日野原重明さんが残した言葉があります。

 

命は 寿命は

自分が持って使える時間

自分の命 時間を

いつ どう使うかが 生きるということ

命を大切にすること

 

限りある時間だからこそ、どのように生きるかを考え

今の時間を大事にして、大切に過ごしたいと考えます。

 

今年も、生徒のために更に私自身が勉強をしなくてはと思いますし

私が今まで培ってきたより多くのものを、伝えていけたらと思います。

 

そして、地域活動でも、更に多くの人との関わりを広げ

活動範囲が広がればと考えています。

私自身が、とても楽しみな活動でもあります。

 

2018年、どのような年になるのか、今からとてもワクワクしています。

 

皆さま、本年も何卒宜しくお願い致します。

 

2018年 元旦

AIに勝てる職業とは?

今日は、良い天気の福岡でした。

唐津に行きましたが、とても綺麗な青い海が電車から見えました。

 

さて、私が時々読んでいるサイトがあります。

 

その名も、PRESIDENT。

 

ビジネスマン向けのとても役立つ情報が満載で

情報収集をさせていただいているサイトです。

 

そして、今回ドキッとしたことが書いてありましたので

皆さんにもシェアさせていただきます。

 

 

「AI時代でも消滅せずに稼げる職種10」

 

 

(出典:http://president.jp/articles/-/24068?page=2 )

 

ニコラデザイン・アンド・テクノロジー代表取締役の水野操氏への取材から得た情報だとのことです。

 

水野操氏曰く、AIといえど仕事を創造することはできません。

そして、コミュニケーション能力が求められる職業も代替されにくいとのこと。

 

確かに、簡単な会話はできても問題を解決したり、当事者の希望する落とし所を探って説得すると言うようなことは、まだまだ出来ないでしょう。

 

そこで、(今の時点で)人間にしかできない職業の

気になる順位ですが・・・

 

1、弁護士

2、プロデューサー

3、医師

4、宗教家

5、経営コンサルタント

6、バーテンダー

7、音楽アーティスト

8、教師

9、カウンセラー

10、デザイナー

 

皆さんは、どう感じましたか?

 

とはいえ、上記の職業でも安泰というわけではありません。

常に機械に任せられない仕事とは何か、自分にしかできない仕事とは何かを模索し続けることは重要です。

 

AIやロボットの時代に武器になるのは、「創造性と対人能力」だそうです。

 

実は、今日唐津に行ったのは、知り合いが勤める塾で開催の、中学生の発表を聴くためでした。

 

中学生2人が発表をしましたが、そのテーマは『ゴミの削減」『食べ物によって人間の集中力は左右されるのか』でした。

二人とも、多くの資料と文献でテーマについて研究し、インタビューや実験をしていました。

 

かなり深掘りしており、驚くような分量の資料を見やすくまとめ、社会人レベルの素晴らしい発表をしていました。

どちらも、自分で課題を考え、どのように研究を進めまとめていくかを自分自身で考えたそうです。

 

この二人であれば、AIができない仕事を将来担ってくれるのではと、本当に頼もしく思えました。

 

そして、唐津のレジェンドと呼ばれる碇先生にもお会いしました。

 

先生は、80歳を超えていらっしゃいますが、凛とした雰囲気の方です。

東大を卒業されており、現在は、唐津で教育に関する活動をされています。

みんなから慕われていて、今日発表した中学生も食い入るようにレジェンドと話をしていました。

 

このような、子供の手本となる教育者でありたいと、改めて思いました。

 

"Cheers"(じゃあね)

企業が欲しがる人材とは!?

ご存知の方も多いかもしれませんが

2020年から、大学入試が大きく変わります。

 

今までのように、センター試験で広汎な知識を問うマークシートテストから

記述式への変更です。

 

それは、知識や理解よりも、思考力・判断力・表現力が重視されるようになるからなのです。

 

先日イギリスの教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーションが公表した

「世界大学ランキング」では東京大学は過去最低の46位となりました。

 

そこで、文科省は2017年から入学者受け入れの方針を、改訂しています。

 

特に注目したいアドミッション・ポリシーとは、「どのような入学者を受け入れるのかという基本方針であり、入学者に求める学習成果を示すものです。この学習成果とは、新しい大学入試で求められる「学力の3要素」を指しており、

 

(1)知識・技能

(2)思考力・表現力・判断力等の能力

(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

 

のことを言います。」

 

そして、企業がどのような人材を求めているかについてですが、

以下のように変化してきています。

 

株式会社リクルートキャリアの就職みらい研究所が発行する

「就職白書2017」によれば、「企業が採用基準で重視する項目」

 

1位は「人柄92.9%」

2位「その企業への熱意76.1%」

3位「今後の可能性68.8%」

 

となっており、「大学・大学院名」は11位で14.7%でした

(「大学・大学院名」については2014年の同調査とくらべて5.3%減少)。

 

すでに一部の企業を除けば、学校歴が就職活動に有利にはたらく時代は終わりに近づいていると言えるのです。

 

今後、就職や転職を考えている人は、

「あなたは大学で何を学んできましたか」

「入社して何ができますか」

の質問に答えられるように、主体性を持って学ぶ姿勢や

人間性を磨く必要があると言えるでしょう。

 

特に英語は、センター試験でも3科目選択の場合は絶対に外せません。

記述式だけでなく、話す・聞く・読む・書くがどれだけ実践的にやれているかが

カギとなるでしょう。

 

現在私は、翻訳の仕事もしていますが、頻繁にAIのニュースが飛び込んできます。

 

AIが「家族が欲しい」と言い出したり、自分の子供を作ることもできるようで

その日々の進化には恐怖さえ感じます。

 

北欧のある国では、時給2500円以下の仕事はAIにやらせるようになるらしく

これからの人間は、人間にしかできない創造性や独創性がないといけないのでしょう。

 

あなたは、どのように考えますか?

 

"Cheers"(じゃあね)

日本の特徴話せますか?

こんばんは。

 

本格的に寒さが続いている、福岡です。

昨日は、山の方では雪が降ったそうです。

 

 

さて、私の教室には、月に2回、外国人の先生に来ていただいています。

 

昨日は、九州大学で学ぶ大学院生のエジプト人に来ていただきました。

 

エジプトでは、多くの人が英語を話せるとのことで、その方もかなり上手に英語をお話になります。

 

 

そして、生徒には、事前に、このエジプト人の先生に対する20個の質問を

考えてくるように伝えていました。

 

 

生徒は、最初から、かなり積極的にエジプト人の先生に質問をしていましたが、

質問したはいいのですが、なかなか聞き取りが難しかったようで、

先生の答えを理解できずにいて、もどかしかったようです。

 

 

そして、最後に、私から「日本人に対する質問はありませんか?」と聞きました。

 

 

そうすると、「答えは知っているけれど、私のエジプト人の友人から頻繁に聞かれる質問を聞いても良いですか?」と聞かれ、「ぜひ、お願いします。」と言いました。

 

 

そうすると、

 

「日本にはあって、他の国にはない先端技術はあるでしょうか?」

 

というものでした。

 

 

生徒は、「う〜〜〜〜〜ん。なんだろう。。。」と考え込んでしまいましたアセアセ

 

 

皆さんは、答えはわかりますか?

 

 

 

 

実は、この答えは、「トイレ」ですひらめき

 

日本のトイレの装置についている、音姫やビデ等は他の国を探してもほとんど見当たりません。

 

この先生も、日本に住み始めてから、何度も「本当にあるのか?」と聞かれたそうです。

 

トイレの他にも、日本には世界にはない先端技術がたくさんありそうです。

 

これを機に、他のことがないかを調べてみると面白いかも知れません(^^)

 

 

そして、レッスンが終わった後で。。。

 

このエジプト人の先生は、私の生徒を「君は英語の勉強を頑張っているね」

としきりに褒めてくれました。

 

で、その言葉に続くのが「私の研究室には、20名ほどの日本人研究生がいるけれど

誰も英語を話せないんだ。だから、私は日本語を勉強しなくてはいけないんだ」と

悲しそうに話してくれました。

 

論文はほとんどが英語なので、読むことはできるのだけど、

コミュニケーションになると、簡単な会話さえできないんだとのことです。

 

これを聞いて、読むことはもちろん大切だけど、折角外国人の研究者がいるのに

もったいないなと思いました。

 

外国での研究がどのように進んでいるのか、そのような話を英語で話せたら

どんなに楽しいだろうかと思います。

日本の英語教育の変革が急務だということを、改めて感じました。

 

"Cheers"(じゃあね)

 

エクワ英会話学院

#福岡市 #福岡市西区今宿 #英会話 #英語