コンフリクト

コンフリクトという言葉をご存知ですか?

 

英語で「対立」という意味です。

 

 

私は、急に「対立」と言われると、ドキッとします。

きっと、これを読んでくださっている皆さんも、同じなのではないでしょうか。

 

そして、日本人は特に、この「対立」が苦手なのではと思います。

 

私は時代に反して、断捨離が苦手で、他人から見たら捨てたら良いのにと思われるようなものを取っておいてしまいます。

最近も、家の本棚でふと手に取ったNHKの「ビジネス英会話」の発行年が2004年だったのには、かなり驚きました(笑)

 

でも、この本の中に描いてある

 

Given the importance in Japan of the deeply rooted value of wa (和), harmony, Japanese generally try to avoid conflict.

(日本には「和」を大切にする文化があるので、「対立」を避ける傾向にある。)

 

は、この本の発行から14年経った今でも変わらないなと思った次第です。

 

「対立」と言われると逃げ出したくなりますが、「相互理解」としての「話し合い」というのはどうでしょう?

 

私が感じるのは、「相互理解」とはいえ、反対意見を言われると、やはり日本人は嫌な思いをする人が多いのではと思います。

 

これは、考えや意見は人格に関係ないとする欧米人に比べ、日本人は自分の意見に反対されると自分を否定されたように感じるからなのではと思います。

 

本来、人は違って当たり前で、意見や考えも違って当然だと私は考えます。

 

これを考えると、ディベートは、相手の立場になってものを考える習慣がつくので、本当に良いと思います。少しずつですが、当校でも将来的にディベートができるようになれたらと準備を始めています。

 

「対立」は欧米人も好んではいない、とこの本にはあります。

しかし、欧米人は相手を理解するのに「対立」は不可欠と考え、他者の意見を聞いてそれを分析する習慣を身につけているようです。

 

今後の日本人も、グローバル化を目指すのであれば、バックグラウンドや慣習、習慣が違う他国の人との「対立」を恐れずに、「相互理解」をできるようになる必要があるのではと考えます。

 

それでは、今日も良い1日をDocomo_hart

 

"Cheers"(じゃあね)

 

叱る効果

先週は、「褒める効果」をお伝えしました。

 

今日は、「叱る効果」という内容です(笑)

 

私の人生の中で、会社で「叱った」経験についてお話します。

 

私は、中国に2年間滞在していました。

 

(中国/上海の街角)

 

そして、この2年間は情報誌の編集長をしていました。

 

実は、最初に「編集者」として採用していただいたはずだったのに、

実際には初日に「編集長」「制作部 部長」の兼任としての採用だったことを知りました。

 

慣れない中国での初めての会社幹部、中国人の部下6名。

いやー、それはそれは大変でしたf(^^;

 

それは、言語の問題というよりも、考え方、働き方、習慣、すべての違いからでした。

 

中国に住む前に、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドに約6年間ほど住みましたが

中国が一番大変だったように感じます。

 

さて、そこで、叱った経験ですが。。。

 

中国は、面子(メンツ)の社会なので、面子をつぶすことだけはしないようにと聞かされていました。

私の部下は、優秀な人が多く、あまり叱ることはありませんでした。

通訳の男性(以下Aさん)が入社するまでは。。。

 

このAさんは、とにかく的外れな行動が多く、非常に困っていました。

そして、ついに、ある日、私は激怒してAさんを怒りました。しかも、制作部のみんなの前で。。。

理由は、この通訳のAさんが編集部の会議中に意見を言わないどころか、思い切り船を漕いでいたからです(_ _|||)

 

ですが、私はこの時「叱る」ではなく「怒っていた」ように思います。

 

怒るのは、単に感情に任せてそれをぶつけているに過ぎません。

そして、このAさんは営業部からの批判も多く、結局辞めてしまいました。

残念ながら、上司の私が彼をうまく導いてあげることができませんでした。

 

その時の反省もあり、今は生徒たちを「叱る」ようになりました。

 

宿題をやっていない、赤点を取ってしまった、単語を全く覚えない等の問題が発生した場合

「生徒の行動を望ましい方向に変えていくための建設的なアドバイス」を心がけるようになったと思います。

 

中国で勤めていた会社の社長が「『愛のある説教』だったらどんどんしなさい」と言ってくれたのを思い出します。

 

これは、現状を否定するだけでなく、どうあるべきなのかという建設的なアドバイスを提示する、

もしくは行動を改善する改善提案をするのが、効果的な「叱り」ということになるのではと思います。

 

(中国/旅順での建築物)

 

海外では特に、バックグラウンドや慣習、習慣が違うので、いろんな注意が必要なのではと思います。ただ、そこに相手を思いやる気持ちがあれば、万事うまくいくのではと思います。

 

いかがでしたでしょう?

 

「怒る」ではなく、「叱る」行為は愛のムチだと思います。

是非、明日からでも、行動に移してみてはいかがでしょう♪

 

 

"Cheers"(じゃあね)

褒める効果

最近、人を褒めましたか?

 

私、かなり人を褒めます(笑)

特に、私の教室の生徒はとにかく、褒めまくりますニコッ

一回のレッスンで、少なくても一人につき一回は褒めています(^^)

 

 

今日は、皆さんに「褒める効果」をお伝えします。

 

 

まず、外国人は「褒め上手」ですDocomo_hart

それは、海外に行ってすぐに感じました。

 

友人でも、親子でも、夫婦でも、同じです。

 

特に感じたのは、親が子供を褒めて育てています。

 

(友人のインドネシア人ファミリー)

 

小さい頃から褒められると、その子供は自尊心が高まり「自信」につながります。

 

そして、自信が高まると「やる気」が湧いてきます。

「自信」「やる気」が高まると、新しい事や難しいことに挑戦したくなります。

褒め言葉は、「その人が持つ本来の能力」を引き出してくれるのです。

 

昔は、子供を叱って育てていました。

私も、母親から怒鳴られながら育てられました。

自尊心なんか、これっぽっちもありませんでした。

 

しかし、私は海外に行って、大きく変わりました。

 

なぜ、大きく変わったかというと・・・

 

海外で小さなことでも「褒められる」ことにより自尊心が高まり

さらに高みを目指したくなったのです。

 

現在では、イベントを主催したり、200人の観客の前でも話ができるようになりました。

以前の私では、数人に英語を教えることさえできなかったでしょう。

 

 

なので、私も人を褒めるようになりました(^^)

 

他にも色々と褒める効果はあります。

 

まずは、「褒めると相手が変わる!」

 

「他人を変えることはできないが、自分は変えられる」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。

 

でも、実は、苦手な相手でもその人を褒めると、あなたに「冷たい行動」や「怒る」ことはできなくなるでしょう。

もし、夫婦間でギクシャクした時は、「ありがとう」「〜〜をしてくれたんだ、気遣いが嬉しかった」という言葉を言いつづけたら、関係は改善できるはずです。

 

そう、褒めることで「相手を変える」ことができるのです。

 

そして、褒めると「モテます(笑)」。

 

外見を磨くよりも、相手の良いところを見つける努力をして「相手を褒める」と、男女問わずモテるようになります。

そして、異性だけでなく、仲間も増えることでしょう。

 

褒めて損することはありません。試してみる価値はありますよ(^^)

 

 

 

と言っている私ですが、失敗もありました。。。泣き

 

海外で、褒められることに慣れていなかった私の失敗談をご紹介します。

 

ある日、友人6人くらいで食事をしていた時でした。

 

一人の男性が、

 

Emma、you are brilliant(エマ、君には素晴らしい才能がある)!」

 

と言ってくれたのですが、私は驚いて

 

No, no I don’t think so.(そんなこと全くないよ)」

 

と全否定してしまいました。

 

そして、その褒めてくれた男性は、しょんぼりしてしまいました。

 

こんな時は、素直に「ありがとう!嬉しいな」というのが正しい反応です。

 

今は、褒められたら(最近あまりないのですが。笑)「すごく嬉しい!ありがとう」と喜びます。

とは言っても、外国人の前だけなのですが。

日本人は、謙遜は美徳とされているので。。。(笑)

 

それでは、皆さま、良い1日をきらきら

 

"Cheers"(じゃあね)

常識と非常識

 

突然ですが、あなたは血液占いを信じますか?(笑)

 

 

実は、私、「血液型は何ですか?」という質問をしてくる人とは、お友達になれる気がしないのです f(^^;

 

血液型を聞いてくる → 4つのカテゴリー分けをしたいと考えている(もしくは信じている)

 

ということだと思うのですが、これってあまりにも「雑」ですよね?

 

例えば、相手に血液型を聞いた時に「私はA型です」と言われた場合

「この人はA型なので、○○な性格なんだ」とそこで決めてしまいます。

 

相手のことを深く知ろうとせずに、血液型だけでカテゴリー分けをして

その人を「知ったつもり」になって、そこでその人を知ろうとする努力はおしまい。

 

そして、その人がその血液型占いに当てはまらない行動をすると、

「○○さんて、A型らしくないですねー」なんて言ったりするのですゆう★

 

ちなみに、海外ではこの血液型占いは誰も知りません。(一部アジアでは日本の影響で流行っているらしいのですが)

 

私は、海外で血液型を聞かれたことも、聞いたこともありません。

過去にお付き合いした男性の血液型なんて、知りもしません(笑)

 

というか、海外では、知り合って間もない人に

 

「血液型は何ですか?」なんて聞いたら、きっと変態変人と思われるでしょう(笑)

 

「何のために知りたいの?」と思われると思います。

 

星座占いも同様ですね。

 

まだ、星座の方が数が多いから、いいのかも知れませんし、これは聞いてくる人もいます。

 

私が星座を聞かれたら、「あー、この人、乙女だなー」と思うだけなのですが。。。(笑)

 

カテゴリー分けは「楽」ですが、コミュニケーション能力を上げたいと思ったら

避けた方が良いかも知れません。

 

グローバル化したいあなた、日本の常識と世界の常識の違い、知っておくと良いですね。

 

ところで、私が過去に、とても驚いたある国での常識があります。

 

それは、アフリカのケニアのある部族は、挨拶の時に「相手に唾を吐く」というものです。

 

これは、唾によって「魔除け」となると信じられており、

 

「悪いものから守り、良いことがありますように」

 

という意味が込められているのだそうです。

 

世界の常識も驚くものがありますね!

 

ネットにはたくさんのこのような情報がありますので、調べてみると面白いかも知れません。

 

"Cheers"(じゃあね)

伝統行事に参加する

寒い日が続いていますねハート

関東あたりでは、福岡は九州なので暖かいと思われているようですが、実は雪が降り寒い日が続いています。

 

さて、皆さんは伝統行事には頻繁に足を運びますか?

 

福岡だけでも、かなり多くの伝統行事があります。

 

私は、1月の中旬に神社での神事「どんど焼き」に参加をしました。

古いお札や正月飾り、書き初めなどを自宅から持ち寄り、一箇所に積み上げて燃やすという行事です。神事から始まっていますが、現在では宗教的意味合いは少ないようです。

 

 

この神事は、全国的に開催しており、全国のどんど焼き行事は、最北端が秋田県、最南端が鹿児島県で実施されているようですが、実施時期は東北地方から九州地方まで、ほぼ1月14日ないし15日に実施されています。それは、この行事が小正月の行事だからです。

 

そして、この「どんど焼き」という神事名ですが、地方によっては「とんど」、「どんど」、「どんだら焼き」、「どんどろ祭り」、「おんべ焼き」、「さいとう焼き」、「ほっけんぎょう」、「三九郎焼き」、「ほじょり」、「ほうじょり」などがあり、東日本では「才の神焼き」、東海地方から西日本では「左義長(さぎっちょ)」などとも呼ばれています。

 

 

次に、節分祭です。

 

2月4日に近所の神社にて「節分祭」が開催されたのですが、私は体調を崩し残念ながら参加することができませんでした。泣

 

節分とは「季節を分ける」ことも意味しています。

江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多いです。季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われ、それが由来となったようです。

 

豆は、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがあります。

 

今回は、地域の伝統行事を2つご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

 

最近では、ハロウィーンやクリスマスがイベント化し、宗教色関係なく参加している人を多く見かけます。楽しい時間を過ごすこと自体は、とても良いことだと思います。

が、しかし、まずは、自国の文化のことを深く知ることで、そのことを他国の人に伝えられるようになるのも楽しいかもしれません。

 

それでは、良い1日をちゅんハートニコ

 

"Cheers"(じゃあね)