政治家の発言

おはようございます晴れ

 

つい先日、山本幸三議員がアフリカ交流について「なんであんな黒いのが好きなんだ」と発言して、問題になっていました。

下記、読売新聞のネット新聞からの引用です。

 

前地方創生相の山本幸三・自民党衆院議員(福岡10区)が、北九州市内で23日に開かれた三原朝彦・自民党衆院議員(同9区)の政経セミナーの来賓あいさつで、三原氏が長年続けるアフリカとの交流について触れ、「何であんな黒いのが好きなんだ」と発言していたことがわかった。(http://www.yomiuri.co.jp/politics/20171125-OYT1T50005.html)

 

今回に限らず、過去にも多くの政治家が差別用語を発言して問題になり、最悪の場合に、CNNで報道されたりしたケースがありました。海外の人はよくニュースをチェックするので、もちろん日本についての報道も知っていると思います。

 

これを聞いた、黒人の方はどのように感じるでしょうか?

黒人が多く住む地域に日本人が仕事や留学で行った場合、その人達が日本人をみたらどう感じるでしょうか。

 

公人だからこそ、自分の発言には細心の注意が必要なのではと思うのですが、この手の発言が呆れるほど多くて悲しくなります。

 

 

さて、これを受け、私の教室では、キング牧師「私には、夢がある」を暗唱する練習をし始めました。

https://www.youtube.com/watch?v=3vDWWy4CMhE

 

当然ながら、この暗唱に入る前に、この言葉にある背景を伝えました。

 

たった50年前まで、

  • バスでは黒人が座る席が決まっていた
  • レストランでは客であっても黒人は裏で食事をしなくてはいけなかった
  • 黒人が入学できる大学は数が限られていた
  • 理由もなくリンチを受けていた

等の多くの話をしました。


もし、あなたの身内や友人が理由もなく傷つけられたり殺されたりしたら、その加害者を責めませんか?もしくは、復讐を考えたりしませんか?

「差別はやめろ!復讐してやる!」と思った黒人も少なくないと思います。

 

しかし、キング牧師は復讐や憎しみ、暴力では物事が解決しないことを知っていました。

 

キング牧師の演説での言葉の素晴らしいこと。

 

彼は、差別をする人々を非難していません。

 

「私には、がある。いつの日か、奴隷の子供たちと奴隷の雇い主の子供たちが、兄弟のように同じテーブルにつけますように」

 

と、夢を語っています。聴衆の中には、白人もいました。わざわざキング牧師の講演を聴くためです。多くの人の気持ちを揺さぶった、素晴らしい言葉だったと思います。

 

 

生徒たちには、人は平等であるべきだと伝えました。

 

小学生の生徒たちは、真剣な表情でじっとその話を聞いていました。

 

英語を話せることはとても大切ですが、相手の国の歴史や慣習を知ることも、とても大切だと考えています。

 

そして、日本に来る多くの外国人の方は、日本語は話せなくても日本のことを学ばれている人が大変多くいらっしゃいます。

これには、いつも関心させられます。そして、嬉しく思います。

 

現在私が教えている小学生が大人になった時に、肌の色で人を差別をせずグローバルに活躍してくれると嬉しいなと考えます。

 

今日も、良い1日をハート

 

"Cheers"(じゃあね)

 

#福岡市 #福岡市西区今宿 #英会話 #英語

エクワ英会話学院

コメント